看護をしっかり学べる環境がここにあります

建学の精神・学校長挨拶

midashi01

建学の精神

学校法人明星学園は「吾道一貫」という建学の精神に基づき設立・運営されています。

吾道一貫とは「人生のいかなる場面においても “仁”すなわち忠恕の精神を貫くこと」と解釈されます。
それは他人を思いやり慈しみ、人間としての在るべき姿を自ら追い求めていくことです。

教育理念

浦和学院専門学校では建学の精神に基づき、思いやりのある看護師、自らの理想を追い求めていく看護師の養成を目指しています。

教育目的

豊かな人間性を培うとともに、看護師として必要な知識・技術・態度を学び、社会に貢献できる看護実践者を育成します。

教育目標

1. 生命(命・いのち)を大切にし、人を思いやる気持ちを培う
2. 自ら学び、それを継続することができる
3. 専門知識に基づき、対象を理解し、安全・安楽・自立に導く看護の技術を身に付ける
4. 社会における看護の役割を認識し、保健医療チームの一員として機能できる能力を養う
5. 看護の倫理に基づいた行動ができる

 

学校長挨拶

本校を目指す皆様へ

校長 藤枝弘子

 本校は建学の精神である「吾道一貫」を基本理念として、自己の成長と看護の基本となる知識・技術・態度を習得し、人間性豊かな看護師、社会に貢献できる看護実践者の育成を目指しています。
 看護に必要なものは、看護における専門的知識・技術はもとより相手と信頼関係が構築できるための豊かな人間性であります。看護は社会の人々、看護を必要とする人から信頼が得られてはじめて存在します。信頼関係を築く第一歩である挨拶、言葉遣い、表情、しぐさ等「身だしなみ」の理解と習得が重要になり、看護専門職として継続的に成長していくものと捉えています。
 少子高齢化社会、医療環境の変化とともに、看護職の役割拡大と期待も高くなっています。病院看護従事者の他、在宅看護・地域包括医療・保健福祉施設にも多くの看護職が必要とされ、チーム医療においても看護職がキーパーソンとしての役割を大いに期待されています。
 「近代看護の祖」と言われるナイチンゲールの時代から現在まで、先輩から後輩看護職へと「看護のこころ」は継承されています。
 本校では、看護専門職への道を自らの意思で決断し、将来の目標に向かい目標達成のためにチャレンジする情熱を持った学生を歓迎いたします。3年間の学生生活は、学生の本分である「自分の目標達成のために学習する」に本気で臨んでこそ目標が達成でき充実したものになるでしょう。
 時代のニーズに対応できる感性を養う努力を怠らず、主体性をもち行動することが肝要であります。私たち職員も一丸となり、学生の「目標達成」のため指導支援をしてまいりますので、学生の皆さんとともに成長していきたいと考えております。                        

藤枝 弘子

看護学科に関するご相談、お問い合わせは下記へお願いします。 TEL 048-866-6600 月〜金 8:30〜17:00/土 8:30〜12:30(第1・3・5土曜日)

PAGETOP